センチメートルの最新レビューならココッです

そのスピード感!距離感!空間感覚。水晶を光にかざしたときの煌めきの記憶。満足です。

コレです♪

2017年06月19日 ランキング上位商品↑

センチメートル秒速5センチメートル [ 新海誠 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

。若い方はあまり共感しない、しょーもなくベタな内容かもしれないけど、なんとなく同じ様な経験とか思いや後悔を残した30台以降の世間の垢にまみれた人が見ると、忘れつつある胸につかえていた何かが再び蘇ってフラッシュバックを起こしたり、チト鬱すら入る事もある作品かと@懐かしい気持ちになれない自分はかなり未熟なんだなあ(滝汗。おもしろい=心が揺れ動く、と捉えて下さると解りやすいです。それゆえオススメいたします。きっとそうなるはずだった、いやそうならなくてはいけなかった、光の指し示す未来。日本人独特の感性が!いたるところにちりばめられた作品です。追い打ちを掛けるように流れてくる主題歌の「One more time, One more chance」も何ともグググッと来る物がある。こうなったら!買っちゃおうと購入しました。君の名は...を見て、新海ワールドの魅力に嵌まり、即購入。3部作全てを通して始めて成り立つ、なんとも言えない切なさや、やりきれない様な、それが救いなのか?とか色々な取り方の出来る結末(答えなんてないのかと・・・)。こちらも素敵な作品でした。時間の持ちうる、その甘いやさしさと、氷のような残酷さ。一見の価値は!ありますよ。新海誠、この名前を知らない方は、おられるでしょうか?たいへん力強い、メッセージ性のはっきりしたアニメーションをお作りになるクリエイターの方で、ぜひ記憶しておきたいお名前です。今回の作品は青春の甘い記憶の映像、という印象であります。でもおもしろいです。DVD特典映像のメイキングとインタビューも、すごく興味深い内容でした。たいへんせつないストーリーですけど!すごく日常に近いお話です。これほど!映像と物語の内容に繊細さが感じられる作品は!他にはありません。アニメーションというと一般向けの感じがあまりしませんが、この作品は、全ての層をターゲットにできる、そういう作品です。その映像の透明感は!すばらしいですし!こだわりは深いです。たまたまレンタルショップで空のケースを見つけ、借りたいと思ったのですがタイミングが合わず借りれず。以前!CSで観て感動した作品です。この方の作品は映画館での観賞をおすすめするものですけど、DVDでも十分伝わって来るものがありますね。だけど、言えなかった、ただひとつの言葉。このせつなさはたまりません。写真もそうですけど!私は「おもしろい」という要素を!たいへんだいじにしています。小説は読んでいたのですが、映像を観ていなかったので、購入してみましたが、観て良かったと思っています。とにかく、一度見てください。秒速5センチメートルとは何とも言えないタイトル・・・ツールが発展した現在!それがなかった過去!人との距離感〜うーん・・・なんとも辛く切ない作品。次回作ももうすぐお目見えしますし!期待は大きいです。人物画のお粗末さと背景画の素晴らしさがなんともちぐはぐな感じがしないでもない作品ですが!素直に内容に引き込まれました。実はコレ、ニコ動でなにげなく見て購入に至りました(ちなみに私は、新海監督や山崎まさよしサンのファンと云う訳ではありません)。これ重要です。山崎まさよしのエンディングテーマが絶妙なタイミングで流れ出し、涙を誘う良作です。引きつけられました。